バイアグラジェネリック体験談

バイアグラジェネリック体験談/ED治療薬のスタンダードです

バイアグラジェネリック体験談

EDの症状があるにもかかわらず、薬の効果を信じることができない方は結構いるのではないでしょうか?

 

私自身もその一人でした。

 

私のつたない経験が参考になるかどうかわかりませんが、自分なりに情報取集したバイアグラなどのED治療薬の事を説明して行こうと思います。

 

自覚症状を感じたのは、営業課長に昇進した45歳の時でした。

 

仕事の責任が急に大きくなり、後輩の指導もしなくてはならない中間管理職。

 

 

残業は当たり前で、営業の仕事上休日出勤も日常茶飯事になりました。

 

いわゆる「働き盛り」と自分でも思うほど、精力的に動きました。

 

食事も美味しいし、体調は悪くないと思っていたんですが、妻とのセックスが上手くいかなくなってしまったんです。

 

「中折れ」と言うのか、最初はしっかり勃起しているんですが途中で萎えてしまい、焦れば焦るほど回復の気配さえありません。

 

妻もやさしく「お仕事で疲れているからだよね」と慰めてくれたんですが、ほぼ毎回同じ状態になってしまうんです。

 

ネットで調べたところ「ED」という病気の可能性が高い事に気が付きました。

 

意を決して泌尿器科のクリニックを受診し、先生に話を伺いました。

 

結果は「心因性EDでしょう」との事でした。

 

仕事のストレスなどが原因で、私のような忙しい中間管理職によく見られる症状との事でした。

 

先生からバイアグラでの治療を薦められ、薬局で購入しました。

 

半信半疑で使用してみると、妻もびっくりするくらいの効果でした。

 

ベッドインの1時間前に服用しましたが、妻の身体に触れていると自分でも信じられないくらいの硬さに勃起するんです。

 

その勢いのまま、2回戦まで出来るようになったのには、妻も私も感激でした。

 

一人悩んでいないで、思い切って専門の医師に相談してみる事がとても大事だと思いました。

 

誰にでも起こる可能性のあるEDについて詳しく勉強して行きましょう。

バイアグラジェネリック体験談・ジェネリック

大病院から町の開業医まで薬を「ジェネリック薬」に切り替え始めています。

 

「ジェネリック薬」とは別名「後発薬」とも言われ、先発医薬品(新薬)と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認された薬のことを言います。

 

一般的に、開発費用が安く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安いのが特徴です。

 

ちなみに、「ジェネリック」とは「一般的な」「ブランドにとらわれない」という意味です。

 

なぜここに来て病院がジェネリック役を使い始めたかと言うと、国の意向が大きく働いているんです。

 

 

日本の国民医療費は高齢化の進行とともに毎年1兆円以上づつ増加しており、2011年度の国民医療費は約39兆円にもなっているんです。

 

このまま推移すれば、2025年度には約60兆円に達する見込みとなっています。

 

さらに、日本の総人口は、長期の人口減少過程に入っている上、65歳以上の高齢者人口は増え続け、高齢者にかかる医療費の急増が予想されています。

 

なので、国民医療費を抑制するために、一人当たりの医療費を抑えることが重要な課題になるんですね。

 

そこで厚生労働省は、平成25年4月に「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定し、その中で「平成30年3月末までに、後発医薬品の数量シェアを60%以上にする」という目標を掲げました。

 

ちなみに、平成25年9月の薬価調査に基づく集計値では、後発医薬品の数量シェアは46.9%となっています。

 

具体的な方策として、2014年度の診療報酬改定で、病院については、診療報酬に大きく影響する「後発医薬品係数」を導入し、調剤薬局については、ジェネリックを使えば使うほど、収入が増えるような制度である、「調剤体制加算」を強化しました。

 

このような国の施策が拡大してきているため、病院でジェネリック薬を処方することが増えてきているんですね。

バイアグラジェネリック体験談・通販

ある調査によると、ネット上にED治療薬などの偽造品(ニセモノ)が出回っていると思うと答えた人は全体の97.5%いました。

 

また、偽造品(ニセモノ)と本物を区別できないと思うと言う人は75.4%で、自分がネットで購入した物は本物だと思うと答えた人は87.7%でした。

 

この結果から分かる事は、ネット上に偽造品(ニセモノ)はたくさん出回っているけれども、自分が購入した物については偽造品(ニセモノ)とは信じたくないという消費者心理です。

 

実際ネット購入におけるED治療薬を調査したところ、偽造品(ニセモノ)の割合は55.4%真正品(ホンモノ)の割合は44.6%だったと言う結果もあるんです。

 

 

確かに、薬などは医師などの専門家でない限り本物であるかどうかの判断は非常に難しいので、ネットで自分が注文した物を本物と信じるしかないですよね。

 

完璧に本物を手に入れたいなら、やはりクリニックを受診して医師に処方箋を書いてもらい、薬局から購入するのが間違いない手段です。

 

ところが、費用の面や自分以外の第三者に顔を見られることへの抵抗感を考えると、インターネット通販を利用する方法を選んでしまう人が多いのではないでしょうか。

 

ネット上の品物が全部偽造品(ニセモノ)という訳ではないので、本物と偽物を見分けられる「目」を持っていれば、ほぼ間違いなく本物を見分けることができるはずです。

 

まず注目したいのが「価格」なんです。

 

極端に安い価格を提示して注目を集めようとしているサイトは、まず偽物を扱っていると思って間違いはないでしょう。

 

いくら安いジェネリック薬品だとは言っても、一定の経費が掛かっているので、常識外の安さでは販売できないはずなんです。

 

その他、会社の所在がはっきりしていないサイトや、クレジットカードでの決済が出来ないサイトなどは要注意と言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ